亀さん

どうも、鶴は千年でも十分だと思う系の弁理士荒井です。

いやあ、暑いですね。自転車通勤も楽ではないです。

先日暑い暑いと自転車を走らせていたら、前方にゴミが。華麗にハンドルを切って避けようとするも、なぜか避ける方向に動いてくる!

そう、動くんですよ。こいつは。

丸いです。

ちょっとかわいい。

ゆっくりと動いていましたが、Araiが凝視していたため危険を察知したのか、亀にしては結構な速さで茂みに消えてゆきました。これを一生懸命撮影していたら土手の上から散歩のおじさまに「亀ですかー?」なんて声をかけられて、「かめー!」なんて答えて、よく分からないけど昔を思い出しました。

しかしこの亀、なぜ水気のない土手の方から来たのだろう。。。

特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!