たった一つ思い残したことがあるとすれば

どうも、四面楚歌ならぬ六面楚歌状態系の弁理士荒井です。

不肖Arai、成し遂げていないことは多々ありますが、楽天的な性格のために特にそこは問題としていません。

しかし、しかしですよ、どうしてもこれだけはいつかいつの日か、と思い数十年の月日が流れているものがあります。

心の中でいつも引っかかっていて、でもなかなか重い腰が上がらなくて、かといって今さら自分がそれを成し遂げられるわけでもないし。そもそも昔ほど流行ってないからどうすればこの現代においてそれができるのか分からないし。でもたまに見かけるし(笑)

悩める子羊として毎年毎年生き抜いてきました。

悩める子羊ならぬ悩めるかもめ

初めて出会ったのはAraiが小学生くらいの頃でしょうか。挑戦してみましたが意味が分からない。ただぐちゃぐちゃになるだけ。できる人に教えてもらっても自分ではできない。小学生ながらに空間察知能力がないのかななんて、自分の能力の限界を知ったのはそのときが初めてのような気がします(今はあらゆるシーンで限界をよく感じますが)。

最後に挑戦したのは10年くらい前。同業者に「これできる?」って言われ。やってみたけどできない。全然できない。「できない」って答えると「はぁ?理系だろ~。なんだよそれ~」とがっかりされ。心の中では「理系は関係ない!」とシャウトしてましたが(笑)

多分死ぬ間際にもこれを心残りの一つとして思い出すんじゃないかな~。なんて、Araiにとってはそれくらいの大問題事項があるのです。

で、つい先日ですよ。ホントつい先日。ついにその日はやってきました!そう、成し遂げたのです。とうとうやったのです。再々・・・挑戦はある日突然やってきました。もう多分、これを逃したらあと20年くらいはこれをお見かけしないだろう。ここで決めなきゃ。価格にして二千円だか三千円。高い。昔は600円くらいじゃなかったっけ?周りの後押しもあり(謎)、購入。

ガチャンガチャンというのは昔のやつの話で、今のはするんするんと滑らかに動きます。購入したものを一旦ぐちゃぐちゃに。昔はここから購入した状態に戻せなかった。だから正直ぐちゃぐちゃにするのを躊躇しました。帰宅してから夜な夜な挑戦。挑戦してから二日目の夜、意外と早くその日は訪れました。

6面揃えた。ルービック。購入時の写真じゃないですよ(笑)