今年もやっぱり木酢液

どうも、罰はよく当たる系の弁理士荒井です。

今年も暑くなってきましたね。厚いとあいつがやってきますね。そう、アシナガバチ。スズメバチじゃないだけまだましですが、Araiの家は毎年やつらの巣作りの格好の場所として狙われています。

もうですね、影で分かります。黒い小さいのが窓ガラスを通して影になって目にやたらとつくんですよ。ほう、来たかと。

まずは巣作り場所を見つけるためにブンブンと飛びながら居座っている蜂たちにマグナム砲です。なんか本当にすごいスプレー剤があるんです。薬液が効いているのか、ただの風圧で追い払ったのか、とにかくそれをぶつけることで蜂はとりあえずいなくなります。

そこで木酢液です。これを瓶に入れて外に置いておくと。。。。なんということでしょう。皆無。蜂皆無。置いたのは実は4月上旬頃だったでしょうか。そこから一匹も見ていません。

やはり偉大だ。偉大としか言えない。

木酢液は絶対だと思う
いやあ、蜂の季節になりましたね。 今日の自転車通勤中、信号待ちをしていたら、めちゃめちゃ大きな蜂がよってきましたよ。 なんかいろ...

特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!