報告を待ってる人がいるので

どうも、最近個人的な飲み会をしていない系の弁理士荒井です。

公務活動が多すぎて友達が減っています。。。

本日は特定侵害訴訟代理業務試験・・・長いので「付記試験」といいましょうか。それの発表日ですね。

この試験は弁理士が特許等の侵害訴訟の代理人になれるかどうかの瀬戸際をせめぎあうもので、要は合格すれば訴訟代理人になれるというものです。厳密に言いますと弁護士さんと共同で代理人となる地位を得ることができるというものですね。

Araiも今年は挑戦しました。

本日の12時に特許庁HPで発表でしたが、そのときは当該試験を運営している弁理士会研修所の担当副所長、他数名の弁理士と昼食中で。。。結局今日も公務だし(笑)

もう逃れることができずその場で公表となりました。

久々の試験でしたが、やっぱり合格発表というものは手が震えますね。この胸のときめきはなんなのでしょう。

なんとなくここまでの文体でおわかりだと思いますが、なんとか合格できました。最近老眼が進んでスマホの文字が見にくいので、合格発表の番号を他の方にも確認してもらいました。間違いないと思います。侵害訴訟代理なんて業務が依頼されるか、正直分かりませんが、ここらで一つ色々と引き締め直していきたいと思います。

とにかくほっとしています。いろんなワイドショーとのタイミングが悪いので「やりました!勝ち取りました!」って言えません(笑)


特許・商標・意匠・実用新案の訴訟のご相談は荒井特許事務所まで!