のり付けはこっちで

どうも、もっぱらテープのり系の弁理士荒井です。

本日商標登録証が届きました。登録証は1通ずつ封筒に入れられてきますので、複数の登録証であってもそれぞれ別の封筒に入れられて送られてきます。2通まとめてとかは経験がありません。

突然ですが、特許庁からの封筒ってのり付け強すぎませんか?封筒のあのベロの部分ですよ。あれを持って引き上げるときに結構大変で、危うく登録証を折り曲げてしまいそうになります。

登録証を送る封筒は他の封筒よりもかなり厚いので、ペーパーナイフは使えないし、ハサミはなんとなく怖いんですよね。中身も切っちゃいそうで。

ですので、かなり時間をかけてそーっとソフトタッチで開封の儀を行います。

ところがですね。今日は2通届いたのですが、明らかに封筒の色が違うんですよ。印字されている文字や再生紙使用も一緒なんですが、明らかに濃い茶色と薄い茶色なんです。そして濃い茶色の方はのり付けがソフティー!さらっと開けられました。

特許庁さん、以後は濃い茶色の方ののり付けでお願いします。

手前の方ですね。写真じゃちょっと分かりにくいか。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談は荒井特許事務所まで!