ぴたっとくっつく

どうも、音もなく年老いていっている弁理士荒井です。

その昔、ぴたっとくっつくなって話をしたかと思いますが、もうそんなことは全く気にならなくなりました(笑)。いろんなことで抜かれまくられの人生ですし、いまさら自転車で抜かれることなんて、、、ねぇ。ぴたっとくっつかれた後は大体抜かれるのです。

だからぴたっと
本日も天気がいいので自転車通勤しました。 だからぴたっとくっつかないでとこのブログで先日叫んだのですが、世間には全然届いていないようです。...

でもですね、ぴたっとくっつくためにわざと抜かれるのはきついです。

先日ものすごいゆっくり走る方がいらっしゃいまして、ささっと追い抜いたのです。するとぴたっと攻撃が始まり。くっつくために抜かれたとしか思えません。めっちゃこいでもめっちゃついてくるし。で、抜こうとするし。Araiもハンドサインで「抜かないでね」を何度もやりましたし(笑)

で、結局抜かれたし(笑)。もうその人は遙か彼方に。

20分後

ものすごいゆっくり走る方がいらっしゃいまして、同じ人だし!

もうあかん!誰かを抜くためにわざと走ってるとしか思えない!今度はこっちが抜いてちぎってやる!

幸い抜いたすぐあと、Araiは左折するコースでした。おそらくここを左折する人は少ないだろう。だから抜いて左折しちゃえば最終的に勝ちだ(なんのだよ)。

そして音もなく近づくArai!華麗に抜く(舌打ちが聞こえたような。。。)。

さぁ、ここから加速!ギアを上げて、上げて、あげ、、、上がらない。。。なんか挟まってる!

やばい、このままじゃ追いつかれる。でもギアが上がらない。回転数を上げるしかありません。めっちゃまわしました。回しすぎて上半身がぴょこんぴょこん跳ねてます。明らかにおかしい漕ぎ方です。滑稽とはこのことでしょう。

なんとか左折し、後ろを確認するといない。よかったぁ。でもそんなことはどうでもいいくらい疲れ果てましたね。

もうぴたっとは気にしないことにします。なんか色々疲れます(笑)


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!