時代はプレステ4なのにプレステ2の響きを気にしなかった話

どうも、ラスボスを倒せないから倒してほしいと一度も遊んだことがない友達の家に呼ばれ、倒し終わって気がついたら誰もいなくなっていた経験の持ち主系の弁理士荒井です。

みなさん、PS/2と聞いて何を連想しますか?あの有名なゲーム機ですか?そうでしょうそうでしょう。Araiもそうでしょうでした。

今日はキーボードの話です。もしかしてですが、弁理士って一番の職業道具がキーボードかもしれません。小説のように明細書を書きますし。なので、キーボードが使いにくいと若干ストレスなんですよね。

こんなことになったらもう打てないよー、って感じです。

次はSかい。
いやあ、以前はAだったんですね。今度はSでしたよ。

これ以降、昔使っていたアップルキーボードを引っ張り出してきて使っていました。今はなんかマジックキーボードと言うらしいですね。これ、薄くてすごいよかったんですよ。そのあとテンキーがほしくなり、テンキー付きの薄いやつを買ったのですが、何故か手にしびれがでてきて辞めました。で、アップルのUSBキーボードを買いました。

Apple Store検索結果

アップルのはデザインもいいですし、打ったときの感覚もいいですし、気に入ってたんですよね。でも、ウィンドウズのパソコンと使うとなんか色々不便なんです。色々ソフトを使って対応を図ったのですが、色々面倒になり、やっぱりウィンドウズ対応を買おうかなと。

で、たどり着いたのが東プレのリアルフォースというやつです。なんかキーボードの押した感覚が位置によって違うらしい。ネットでの評判もいいです。Araiの好みと真逆のごっつい感じです。薄さは正義だったのですが、そろそろこんなのでもいいかなと。

でも種類がたくさんあってよく分からないんですよね。で、「本家HPでお勧めになってるのでいーや」ってんで、HPの一番上にあるやつにしようかと。

ここで出てきます。製品の説明書きに「国内で唯一、インターフェースPS/2を採用した静音版。」となっています。なんか唯一とかプレステ2対応とか(ここが違う)、プレミア感ありますね。よし!これだー!と購入。

今まで使っていたアップルのキーボードをUSBポートから外し、さてさて、このUSBに新しいキーボードを。。。

なんじゃこりゃー!

勇作感丸出しでしたよ。PS/2ってこれのことかー。プレミア感あるわー。でもAraiのVAIOちゃんにはこれの接続口ありません。そして、変換アダプターを買う旅に出たAraiでした。まったく、いまどき変換アダプターも付いてないのかよと、いまどきPS/2接続端子を好んで選んで買うような人にそんな変換器つけるかよ、と一人突っ込みしながらの旅となりました。

ちゃんと調べないとダメですね。「PS/2(ぴーえすつー)をUSBに接続したい」とどこの電気屋さんで聞いてもゲーム売り場に連れて行かれ、探すのに相当苦労しました。

でも、ようやく変換アダプターを買って今は元気に使っています。

美容師さんがハサミにこだわるように、弁理士はキーボードにこだわりたいですね。そして、こだわるならちゃんと調べましょうね!


特許・商標・意匠・実用新案のご相談は荒井特許事務所まで!