若干の違和感

どうも、「血液型は何型?」と聞かれたときの鉄板のボケが「ガタガタだよ」だった時代に幼少期を過ごした系の弁理士荒井です。

スーツ。我々のような職種はまさに勝負の仕事着ではないでしょうか。今年も寒くなり、夏物をしまって冬物のスーツを出したときです。昨年ポケットのところが破けてしまったのでクリーニング時に補修をお願いしました。で、別に確認しなかったんですよね。それでこないだ出してみたらえらいつぎはぎ感が否めないというか、なんかやっぱりこう、イメージと違ったんです。冬物はもう一つ持っているのですが、激安で買ったやつなので、毛玉が・・・。スーツに毛玉って初めて見たんですけど。まあ、両方ともかなり昔に買ったやつなので傷んできていたのでしょう。

それで出かけたときになんかネットか何かで「自転車通勤用スーツ!」ってのを見た気がして、それをふと思い出しまして、ちょっとスーツ屋をのぞいてみました。自転車通勤はしますけど、間違いなくスーツではしないんですけどね。見るだけ見て、よかったら買っちゃおうかなと。たしかコナカだったよな。

コナカにいって「自転車通勤用スーツってのを見たんですけど、どれですか?」と聞きましたら、「それはうちじゃないですね~。もしかしたら、アオキさんかも。。。」なんて言われてしまいました。ちゃんと確認しないとダメですね。

それでアオキに(コナカさんすみません)。「自転車通勤用スーツありますか?」と聞きましたら「ないですね~。」と。いやいや、今度はちゃんとネットの画面を見せて「ほら、ここに書いてありますよ。」と言ったところ、店の奥から出してきてくれました。もう店頭には出てないものであり、夏のシーズンに売っていたやつみたいです。

で、それを確認し、安心したところで冬物のスーツを選びました(笑)。だからどこで買っても良かったんですが、とりあえずその自転車通勤用スーツってのを見てみたかっただけで(コナカさん本当にすみません)。

しかしスーツ屋さんの店員はすごいですよ。ウエスト測っただけで「はい、お客様はAB-4ですね。」とすぐに分類分けされてしまいました。ABってちょっと太り気味の人用なのかななんて思いながら、血液型はB型なんだけどな~と、昔の血液型騒動を思い出していました。

突然ですが私の血液型はB型です。 でも私は客観的にそれを証明するものを見たことがないのです。小さい頃親からいわ…
過去記事です そう、献血車に乗り込もうとしたところ、受付をしないといけないそうで一旦外に出されました。 ちょっ…
  誰も待っていませんですが(笑)、続きです。 まあ、とにかく私は生まれてこのかたB型だったというこ…

それでAB-4で色々試着をしていると、何かメーカーというかブランド?によって若干サイズが違います。使っている型紙が違うようで、「こちらの型紙だとお客様はAB-3でも大丈夫ですかね。」とのこと。

もう突っ込まずにはいられません。「いやいやいやいや、じゃあその型紙違いも含めてAB-4で大きさを揃えときなや!血液型は型紙とかで変わらないでしょ!」と、心で突っ込みました。こういうとき、何かが沸々と出て来るんですよね。

結局たくさん試着して、型紙違いを色々たどったので最終的に選んだスーツがABなのか、Aなのかも分かりません(血液型はBです)。店員も最後の方はサイズについて省略してましたし(笑)。だから最初の分類分けは何だったのか。それだけが若干の違和感です。

冷静に考えると、血液型とスーツのサイズは全く無関係なんですが。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!