日米特許

世界で初めて米国との間で特許審査の協働調査を開始します~日米両国での早期かつ同時期の特許権の取得が可能に~
こんな記事が少し前に出てましたね。この事実は特許庁でも発表しています。
日本で特許を取得したものについては迅速に米国でも審査をしてもらえるという制度(PPH)は今までもありました。
今回のは日本で特許を取得する前でもその審査結果をお互いに共有して審査の迅速化を図るということですね。
ただ、お互いの国が最終的にどうするかについてはそれぞれの自由ということで、日本で特許になったからといって米国でも自動的に特許になるというものではありません。
でも徐々にではありますが、歩み寄ってる感はありますね。
これはきっと、日米特許というものがいずれできるであろうという前触れでしょう。上記PPHも日米間が最も早く制定されましたし、それを考えると日本と米国で同一手続で同一審査結果がいずれ実現するのでは。
そして行き着く先はちまたで横行している「世界特許」でしょうね(笑)
そんなことになるまで、私は実務をしていられるでしょうか。遠い先のような気もします。。。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!