中小企業に対する知的財産に関する支援制度

という研修を受けてきました。なぜこのような支援制度があるのか、それは中小企業からの出願というのはまだまだ伸び代があるからだと言うことです。
例えば特許出願件数は我が国全体では徐々に減少傾向です。しかし中小企業の出願件数は徐々に増加しています。意匠や商標については横ばいのようでした。
また海外と比べても日本の中小企業・個人の出願率は低いので、これが海外並みになればと考えれば増加することが見込まれます。
都道府県別で見れば東京は圧倒的でした。。。ただ地域団体商標については京都がダントツでした。
支援の内容はといいますとやはり費用面が多かったです。啓蒙活動ももちろん必要ですが、費用で二の足を踏む中小企業が多いのでしょう。実際私のところに相談する中小企業・個人の方も費用面だけであきらめる場合もあります。
しかし補助金たぐいのものはたくさんありますので、まずは相談してみた方がいいでしょうね。要件に当てはまっていれば援助を受けつつ特許出願等(意匠登録出願、商標登録出願)をすることができます。もちろん国際特許出願も対象となっているものもあります。特に外国出願支援については年々支援件数が倍々となっています。皆さん活用されているようです。このビッグウェーブに乗らないとですね。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!