特許手続の事務情報

国際特許出願をする際、所定要件を満たせば手数料が1/3となります。
これはかなり大きいので弊所でも利用する方が多いです。
国際特許出願には送付手数料/調査手数料/国際出願手数料の3つがあり、送付と調査については最初から1/3を納付すればよいのですが、国際出願手数料については一旦正規の料金を納付し、後日振り込みで戻ってくる形となります。
なので口座番号を記載した書面を提出しなければならないのですが、ここで問題が。
口座番号って私の知る限り7桁なのですが、今回提出する口座番号は6桁です。電話で確認したのですが確かに6桁と言うことです。調べたところ、6桁の口座番号もあるらしく、そのまま6桁の番号を書いて提出しました。
しかし6桁の場合、付箋で「6桁であることをクライアントから確認済み」と示しておかないと受理官庁から電話が来ます。今回はそのような指導を受けました。やはり世間的には7桁なので、6桁だとそのような処理が必要なのですね。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!