中小企業の出願件数

先日知的財産制度説明会でちょっとした統計の話がありました。
中小企業の特許出願件数は、2013年で約33000件、これはすなわち全体の12%です。ちなみにPCT国際出願は約3000件です。
これに比べ、意匠では全体の35%、商標にいたっては53%が中小企業の割合となっています。
中小企業の特許出願を応援している弊所としては特許出願でもう少し数字が伸びていけばいいなと思っております。
一方で日米欧中韓を比較すると、特許出願件数はダントツで中国です。2位がアメリカで日本は3位となっています。4位は韓国、5位が欧州です。2009年では中国は3位、日本が2位でしたが2010年には日本を抜き、2011年にはアメリカを抜いてさらにぶっちぎりの伸びをその後も見せています。
ただ、国際特許出願をみてみるとアメリカ、日本、中国の順になっています。そうなんです。中国は外国に出て行く出願が少ないんですよね。なぜかは分かりませんが・・・


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!