口述試験の模試

先日、弁理士論文試験の合格発表がありましたね。
しばらく続いた口述落としを短答落としにシフトするのではないかと噂がありますが、口述試験をなめてると私みたいに2年受けることになってしまいます。
口述試験を落とした人はほとんどがあの会場であるプリンスパークタワーを見たくもないと言いますが、私もその一人です(笑)。
しかし!それではいかんと思い、また口述試験に立ち向かう受験生の少しでもの助けになればと思い、このたび口述試験の模試で面接官をやることにしました。
私が属しています弁理士会の会派では、実際の口述試験と同じ会場で模擬試験をするということで有名です(あくまで我々の業界内だけですが(笑))。
私は2回の試験で毎年その模試を受けましたので、今回その会場には人生で5回目の入場となります。立派なホテルですが、泊まったことはありません。。。そして毎回条文をぶつぶつ言いながらの入場でしたので、正直行ったという記憶も定かではありません。。。
結構前に問題も作成し終わって、今は鏡を前にニヒル顔で練習しています。ここは咳払いを入れてからの遠い目で語ろうかなとか、ここは流し目でヒントを出そうかなとか、でも全てのパターンが気持ち悪かったので普通にやろうと思います。
それでは受験生の皆さん、お手柔らかにお願いします。
上目づかいからの下目づかいはやっぱり入れようかなぁ。
と、皆さん真剣ですから、こちらももちろん真剣にやらせていただきますよ!