知財価値評価

特許って儲からないでしょ?
というのはよく言われます。私も面と向かっていわれます(笑)
その誤解を解くための手段の一つとして知財価値評価があります。
先日そのセミナーに行ってきました。
最近の動向として隙間産業を狙えみたいなのがありますが、どこに隙間があるのか考えるなんて大変ですよね。
それを知財価値評価という観点から行えば見えてくるものがあるかもしれません。
実際そのような依頼もあったというケースでお話を聞いてきました。
このような知財コンサル分野はまだまだ発展途上ですし、特に資格がなくてもできますのであっという間にその形ができあがってきそうですね。
ニッチ戦略を考えている場合、知財価値評価を使ってみてもいいかもしれません。
この「知財価値評価」ってネーミングも私の中では少し違和感あるんですけどね。。。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!