気鋭あるベンチャー企業

こないだふと電話がかかってきました。
まだ登記もしたばかりのベンチャー企業でした。
アイディアが数十個あるそうで、そのうちの一つで起業したそうです。
こういうのってもしかして特許取れるんじゃ・・・という疑問から問い合わせをしてみたそうです。
実際お話しをすると特許の対象である発明にはなっていますし、あとは特許の登録要件を満たせば権利化できるので、そのようなお話しをさせていただきました。
会社としても勝負をかけているイベントがあるそうで、本当にそこで大きく飛躍していただきたいものです。
但し特許は公開されると基本的に取れませんので、事前に出願することになりました。
また知財の重要性をお話しするうちに商標の話になり、商標登録出願もすることになりました。
知財を活かした成功例となるように私も応援したいと思います。
私もがんばらないと。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談は荒井特許事務所まで!