ePCT

国際特許出願をした場合、19条補正やら国際段階での手続がいくつかあります。
これをオンラインで提出できるePCTを利用してみました。
郵送やファックスで提出するのに比べてコストがかかりません。
この辺実費として請求するのもなんですし、こちらで負担しても金額としては少しですがボディーブローのように後々効いてきそうですし、、、
やってみると簡単でした。あっという間に提出です。
お勧めです。
※スキャンして作成した提出書類はカラーだとエラーになります。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談は荒井特許事務所まで!