これからの弁理士

「産業構造審議会 知的財産分科会 第1回弁理士制度小委員会」が先日行われていました。
その議事要旨をみると、弁理士制度見直しについて様々な観点から議論がされているようです。
その中には耳の痛い話もちらほらと。。。
弁理士の業務範囲拡大に伴って、求められる能力が多種多様化していますが、現状では弁理士の能力がそこまで追いついてない状況が指摘されています。
私が所属しています弁理士会の研修所委員でも、弁理士のこれからの育成についてかなり議論しています。
知的財産業務に関しては何でもできなければいけないという観点もありますが、芸は身を助けるじゃないですけど、実際にはある業務範囲に特化してやっていかなければ自分の価値をアピールできないなと感じました。
以前弁理士会会長をされていた先生に面と向かって言われた言葉を思い出しました。
「弁理士は一生勉強」
ありがたきお言葉です。


特許・商標・意匠・実用新案のご相談はかもめ特許事務所まで!