悪意の商標出願セミナー

というのが日本国特許庁主催で開催されます。
商標は特許と違って達成感というのがないのか、ロゴイメージを作ってもすぐさま商標権取っとかなきゃ!とは一般的にまだ浸透されてないように感じます。
しかしながらこのセミナーにあるような悪意ある商標出願をするケースは多々あります。
私自身も商標権侵害の調査を受け、実際にその店舗に行って模倣しているのを確認した経験もあります。
また、超大手のホテルと同じ名称を使用していた小さなペンションがその超大手から警告を受けてしまったとの相談も受けたことがあります。
商標権をもっと大事にすることがこれからは必要だと思われます。
そのためには自己の商標を見つめ、悪意ある商標出願から身を守る知識をつけなければなりませんね。

head.png